個室があるかを確認する風俗体入

風俗店で働くにあたって気になることのひとつは同僚の女の子との人間関係だと思います。今まで風俗で働いたことのない女の子にとって、風俗嬢はあまりイメージの良い存在ではないでしょう。風俗に近い水商売関連のキャバクラなどをモチーフにしたドラマでは、少しでも店内で人気を獲得するために同僚の女の子を騙し出し抜きという厳しい競争社会が表現されています。また風俗嬢に関してもコンビニなどに売られている雑誌には、裏社会の縮図のようなものが見え隠れする話も多いためそれを見てこれまで敬遠してきた人もいるかもしれません。そのような情報はフィクション・ノンフィクションのところがあるため鵜呑みにしている人は少ないですが、これらの業界経験のない女の子がそこで働く上でハードルが上がるものになるでしょう。短時間で多くの報酬を得られるというメリットがありながらも、なかなか風俗店などで働くのに踏み切れないのはこのようなところもあるのではないでしょうか。

このような女の子が活用すべきことは体験入店(体入)制度です。これは面接をして正式にそのお店に入店する前の前段階で、実際にお店で働くことによってどれだけ稼げるか・お客の質など気になっていることを確認することができます。そこで確認しておきたいことのひとつが人間関係についてでしょう。風俗店で働く上でお店のスタッフや同僚の女の子とは何らかの絡みが生じることが多いです。それだけにどのように人と絡むことになるのか、どういう人たちと一緒に働くことになるのかなどはこの期間中に確認しておきましょう。

ただ最近では女の子の待機室を個室にしているというお店も少なくありません。従来は待機している女の子は同じ部屋にいるということが多かったです。そのため女の子同士顔を合わせる機会が増え、それによって女の子同士の仲が深まることもあればトラブルを引き起こすといったことにもつながってきました。それに対し一人ひとりに個室があるのなら、同僚と仲良くなる機会は減ってしまいますがその反面自分一人の世界が作れます。それによって誰かに気を遣うということでストレスを感じることはなく、また同僚とつながりがなくなるためにトラブルに発展することも少ないです。そしてデリヘル店の中には「自宅待機」が許されるお店があるなど、最近ではプライバシー保護に注力した対応となってきているようです。これによって待機中はゲームをする・本を読むなど自分の世界に入れ、また資格試験の勉強をするなど時間を有効活用することもできるということ。このようなシステムがあり人間関係を気にせず働けるかどうかも体入におけるチェックポイントのひとつだと言えるでしょう。

関連記事

NO IMAGE

体入で安心・安全な風俗店かチェック

NO IMAGE

風俗体入で分かるスタッフの対応