池袋ファッションヘルスと悪い部分

風俗には本番のできるソープ・一回で10万円前後のお店がある高級デリヘル・性的マッサージやエステを行うメンズエステなど様々な業種が存在する。池袋のファッションヘルスもそんな中のひとつだ。ただお店によって女の子の在籍人数には差が出てくる。少数精鋭でハイクラスな女の子のみ在籍しているお店もあるが、基本的には人数の多い風俗店の方が相対的に当たり嬢を多く抱え客数も多い傾向にある。お客から見ると客数が多いお店にはそれだけ女の子を選択できる楽しみがあり、なおかつ女の子が多いだけで華やかで見栄え良く見えるのだ。また人数が多いお店であれば平日の昼間など本来は女の子が少ない時間帯でも、ある程度の人数の女の子が揃っている。そのため急に時間が空いて風俗で遊びたいと思ったときにすぐに対応ができる。そういった安心感がお店に多くのお客を呼ぶ一因となると言えるだろう。

このように女の子の多い風俗店には少なからず利点があるが、本当に良いことだけなのだろうか。確かに上記内容のようなメリットもある一方、多いことにおけるデメリットも存在しているようだ。人数が多いことによって必然的にクオリティの高い女の子と遊べる可能性が高くなるが、それと比例するように外れ嬢と遊ぶことになる可能性も多くなっていく。特に安い値段で遊ぶことができる格安店で女の子の数が多いお店は、その傾向が顕著に現れるのではないだろうか。写真は加工された良いショットが使われているためみなキレイに見える。さらにそういった写真が多数掲載されているお店のホームページは、見た目も華やかで「キレイな女の子ばかりののっているお店」というイメージがつきやすい。それだけに実際に女の子と対面したときに、写真とは別人と思われるような人が出てきたときのガッカリ感は大きいだろう。また外見は良くエロそうな雰囲気を持っていても、性格やサービス内容に問題があるという場合もある。それに風俗店の価格設定と女の子の質は比例することが多く、安いお店にハイクラスな女の子が集まる可能性はどうしても少なくなってしまう。ただお客としては価格設定が安いということもあるのであまりダメージは大きくないという要素もある。そのため毎月数店を利用するという風俗ユーザーにとってこのように人数が多くてなおかつ安いお店というのは、新たなお気に入りを見つけるのにうってつけと言える環境であるという面もあるのではないだろうか。

女の子の人数が多いお店というのはこのように、良い女の子・悪い女の子ともにあたる可能性が高くなる。ただその特徴を利用してややギャンブル的な形で新しいお気に入りを探すのにも良いと言えるかもしれない。池袋のファッションヘルスでもそういったことを楽しめる。

関連記事

池袋ファッションヘルスと街のスポット

新宿ファッションヘルスと高級店

渋谷ファッションヘルスと性技

横浜ファッションヘルスや風俗利用の利点

ファッションヘルスも好きな風俗オタク

ファッションヘルスと他の業種