ファッションヘルスと他の業種

ファッションヘルスのいいところは、やはりお手軽さというところになるでしょうか。さっと入店して個室に入り、女の子と一緒にシャワーを浴びて、プレイを始めるまではすぐです。かなり気軽に遊べる風俗といえるでしょう。ここではディープキス、フェラ、69、素股などが定番のプレイとなります。さらに何かしたいとあればオプションを頼んで、ピンクローターやバイブを手にして女の子を攻めるのもありでしょう。また、お店や女の子にもよりますが、AF、つまりアナルファ○クを追加できる場合もあります。本番行為はできない業態なのですが、本番にかなり近いところまではできるというわけです。ファッションヘルスは歓楽街にはよく店を構えているので、その周辺を見ていけば料金やコースなどの確認もできます。いまはネットのおかげでお店の割引キャンペーンやクーポンなども手に入りますので、それをチェックしてお得に遊ぶのが賢いやり方といえるでしょう。

最も手軽な風俗、それがピンクサロン、通称ピンサロです。ここはもう抜くことだけに特化しているタイプなので、たとえば待ち合わせの時間までに余裕があるというときでさえちょっと遊べるなどということもできます。三十分くらいがだいたいのお店のプレイ時間となっていて、一回抜いてもらい、体力があれば二回目も頼めるお店もあります。二人がけのソファに座り、ズボンを下ろしたあとでフェラで抜いてもらう、というシンプルなものです。店内は薄暗いので、他のお客さんにプレイを見られるといった心配もありません。薄暗さはむしろ、怪しげでエロティックな雰囲気があって、そこにピンサロの魅力のひとつがあるかもしれません。価格は高くても六、七千円程度、安いお店なら三千円程度で遊ぶことができます。これもファッションヘルスと同様、歓楽街にはありますし、少し路地裏に入ったところなんかにもポツンと店を構えていたりもします。散歩しつつ探せますね。

風俗の王様、ソープランド。室内での自由恋愛、という形でガッツリと本番ができるため、これはまずすたれることのないタイプのお店だと思われます。風俗のジャンルがいろいろあるとはいえ、本番というのがやはり一番楽しいものですし、多少高くついても行く価値はあるでしょう。プレイ内容はお店にもよりますが、まず個室に入ってすぐにフェラをしてくれるという即尺というものがあります。そののち女の子がお風呂の準備をしてくれて、この間にビールを飲んだりするのも一興。準備ができたところでお互いに服を脱ぎ、体を洗ってもらい、湯船に浸かり、それからローションをたっぷり使ったマットプレイになだれこみます。女の子の体温と体の感触をしっかり味わえるこのプレイのファンも多くいるようで、確かに気持ちがいいものです。これが終わるとベッドへ移動、いよいよ本番という流れになります。時間はコースによって異なるので、ちょっと遊びたい場合とガッツリ楽しみたい場合とで選びわけるといいでしょう。

関連記事

ファッションヘルスと芸術

ファッションヘルスも好きな風俗オタク